「ストリートバタフライ」 快速を乗り継いで君の街へ 相変わらず道に迷いそう 壁の落書きに誰かの記念日 歩道橋の上 行き交う人々 元気にしてる?って電話越しに聞くから 少し寂しくなって 会いたくなるんだよ 誰かの胸に届くようにと 歌い続けた僕らのストリート ... もっと読む

「桜の栞」 春の風が吹いて カレンダーをひとつめくった 君は今どうしてる? 笑ってるかな 泣いてないかな どこへも行けないまま 同じような明日が僕らを襲っても 今はただ希望を歌い続けていくよ 光射す道の上で「いつかまた」 そんな言葉を強く信じたまま 守り ... もっと読む

「ラブソング」 光が眩しくて 目を閉じてしまった 歌がうるさくて 耳を塞いでしまった ここも居場所じゃないみたいだ 枠から出ないように 必死にしがみついて 自分が嫌になって でも逃げられなくて それでも息をする君は 誰かを嫌いになっていい 恨んでいい 傷付け ... もっと読む

↑このページのトップヘ